2012年3月7日水曜日

笹岡啓子写真展「Difference 3.11」@銀座ニコンサロン/大阪ニコンサロン

銀座ニコンサロンにて、インスクリプトより『PARK CITY』を刊行している写真家・笹岡啓子さんの写真展が開催中です。大阪ニコンサロンにも巡回します。ニコンサロン連続企画展「Remembrance 3.11」の一環です。初発表のカラー42点が展示されています。会期が短いですのでご注意ください。

────

笹岡啓子写真展
「Difference 3.11」

2012年3月7日(水)〜3月13日(火)
銀座ニコンサロン
10:30〜18:30(最終日は15時まで)
会期中無休
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/03_ginza.htm#02

2012年3月29日(木)〜4月4日(水)
大阪ニコンサロン
10:30〜18:30(最終日は15時まで)
会期中無休
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/03_osaka.htm#05


震災から一ヶ月経った4月、はじめて被災地へ行った。釜石市の高台で、私はカメラを取り出すこともできないまま眼下に拡がる町をみつめていた。そこで地元出身の方から「となりの大槌町はもっとひどい。広島に落ちた原爆が落ちたみたいだよ」という話を聞いた。広島出身の私はその表現に驚き、大槌町へ向かった。
車の窓ごしから見た町の印象は、確かに写真で見たことのある被爆直後の広島に似ていた。県道から海側へ、JR大槌駅のあった周辺を一人で歩いた。一面に茶褐色のがれきが拡がり、復旧用の道路が数本、白く交差していた。吉里吉里へ抜ける大槌橋から見ると、遮るものが無くなって、町を囲む山並みだけがくっきりと見渡せた。
冷たい海風が吹いて、肌寒い。砂塵が舞って目を開けていられない。焼け焦げた匂いと魚が腐ったような匂いが鼻をつく。折れ曲がったトタンが音をたてて転がっていく。骨組みが剥き出しになったビルの残骸がぶら下がったまま揺れている。よく見ると、がれきの間に行方不明者を捜索する人の姿がある。大槌町で見た光景は、3月11日以降、テレビやインターネットで繰り返し見てきた被災地の写真や映像の印象とも違っていた。いままで写真を撮ってきて、見たように写ったことは一度もない。もちろん、それを望んでもいない。歩いている間、たくさんのイメージが頭の中に浮かんでは消えていった。私はここで、はじめてシャッターを切った。
大槌町を撮影した後、津波の痕が生々しい三陸沿岸をゆっくりと南下していき、さらに、目に見えない原発の災禍に見舞われた阿武隈山地へと撮影地を拡げていった。あの釜石の高台で聞いた言葉の直接的な響きが、いまもずっと身体の奥に残っている。(笹岡啓子)

ニコンサロン連続企画展&シンポジウム「Remembrance 3.11」
http://www.nikon-image.com/activity/salon/news/index6.htm

────

上記の展覧会にあわせて、展覧会出品作を中心に構成した小冊子『Remembrance』も刊行・発売されています。展覧会会場でも販売。三陸や阿武隈の被災地域を撮影した1〜4号までを同時発売、今後も不定期的に刊行していく予定とのこと。


笹岡啓子『Remembrance』
『Remembrance 1──大槌』
『Remembrance 2──田老 大船渡 陸前高田 鵜住居』
『Remembrance 3──気仙沼 南三陸 女川 石巻 南相馬』
『Remembrance 4──南相馬 飯舘 都路 川内』
B5判変型/8頁(カラー)
発行者:笹岡啓子
発行:KULA
発行日:2012年3月1日
定価:各300円(税込)

以下のサイトでも購入可能です。
pg-shop
http://pg-web.net/kula/publications/remembrance/